« お絵書きしてみた7 | トップページ | 下野くん2 »

2009年3月30日 (月)

愛玩少年

「愛玩少年」
水上 シン 原作
河村 清次:立花 慎之介
黒羽 男爵:子安 武人
後藤 勲 :成田 剣
日向 :梶 裕貴
香月 :武内 健
北村 医師:伊藤 健太郎

戦後の退廃的な時代、妖しい噂の絶えない華族・黒羽男爵の屋敷に奉公に来た清次は、その男爵が自分の初恋の相手だと知る。
しかし、すべての愛を拒否する男爵は、清次を自分の元に置き愛玩犬として淫らな調教をはじめる。

タイトルからして、インパクト大です。あらすじも読んだのですが、かなり重く・ディープで激しいかと思ったんですが(調教とかあるし)、聞いてみるとドロドロすぎず、『愛』があらゆるとこに散りばめられてますshine実は買うの少々迷ったんですが、あるレビューを読んで、『純愛』と紹介して購入を決定。『純愛』が頷ける作品でした。そして官能的。
たしかに清次は男爵に調教されるんですが、そんなことをされながらも、出会った頃から一途に男爵を思い続けます。けれど、男爵はなかなかそれを受け入れてくれないんですよねdespairそれでも、まっすぐに気持ちをぶつける清次。男爵は清次の思いを拒むんですが、誰よりも『愛』を欲していたのかもしれないです。
ただ、後藤が清次を見て、過去の自分の部下を思いだすんですが、もうちょっと清次との間に何かあるとよかったかも。ただの回想になっててsweat02でも、とても満足な作品でしたよhappy01
さて、清次役の立花さん。役の年齢設定が中学生だったので、可愛いくなりすぎず、色っぽくなりすぎずで、ちょーどいい感じでした。最後に10年後にいくんですが、ちゃんと大人な清次でした。
子安さんの男爵は、よすぎhappy02heart04さっすが子安さんです。時に冷たく、時にあたたかく。役の寒暖(?)の差がお見事でした。

|

« お絵書きしてみた7 | トップページ | 下野くん2 »

BLCD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お絵書きしてみた7 | トップページ | 下野くん2 »