« お絵書きしてみました4 | トップページ | リンク貼りました!! »

2009年3月 9日 (月)

ワルイコトシタイ

「ワルイコトシタイ」
桜賀 めい 著
生徒会から目をつけられている不良の相川永遠が、唯一安らげる場所は、立入り禁止の屋上。そこで出会った特進クラスのエリート・白羽帝の時折見せる妖しい視線と、試すようなキスの理由が、お馬鹿な永遠には理解できなかった・・・。前回「ワルイ男でもイイ」のシリーズ第1弾です。
二人のなれそめですね。
お馬鹿で可愛い永遠が、どストライク!!happy02goodです。やっぱ、シリーズものは最初から読まないとダメだねsweat02ますます、この作品が好きになりましたね。
鈍感でお馬鹿な子は、ほんと可愛い。しかも、天然。キスマークを兄'sに問われた時に、疑いもなく「蚊に食われたのかな?」と、天然に答えるあたり、ほんとグリグリ頭を撫でたいくらいの可愛さにやられました(笑)もちろん、帝の言動にグルグルする永遠はツボでした。ぷるぷるする小動物みたい。
「悪いコでもイイ?」
はシリーズ第2弾です。
帝の兄ちゃんに「セフレ?」と勘違いされ、大ショックを受ける永遠。
帝のSっ気を見た気がします。
なにわともわれ、帝が永遠にかなりメロメロなんです。帝の気持ちがよーくわかりますよ。
かなりオススメしますよ。CDはこれから聞くので、感想などは次回にでも。

|

« お絵書きしてみました4 | トップページ | リンク貼りました!! »

BL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お絵書きしてみました4 | トップページ | リンク貼りました!! »