« ラブネコ | トップページ | ふと・・振り返ってみた »

2009年5月13日 (水)

アンバランスな熱

「アンバランスな熱」
水名瀬 雅良 原作
加賀谷 竜:羽多野 渉
鳴瀬 真也:鈴木 達央
鳴瀬 義人:鳥海 浩輔

高校3年の加賀谷 竜は、学年首席だが黒い噂のある鳴瀬 義人とクラスメイトになった。
義人に惹かれていく竜だが、無愛想な義人とは正反対の弟・真也に会ってから、竜は義人に頑なに拒絶されてしまう。理由がわからず落ち込む竜だが、一方で兄に思いやりをみせる真也に心を許し始めていた。ところが訪れた鳴瀬宅で、竜は態度を豹変させた真也に無理矢理凌辱されてしまう。しかし、その現場を義人に見られてしまい・・・。
兄への復讐にかられる弟。その正反対の兄弟に翻弄される竜・・・。

鳴瀬兄弟と竜の、三角関係なお話。
竜の明るいキャラのためか、最初のなごやか〜な雰囲気からか、兄弟の確執や凌辱など想像もつきませんでしたcoldsweats01
真也にひどいことされながらも、竜はけっこう強い主人公。
最初は真也はかなり猫かぶりでしたが、脱いだ途端、凶悪にsweat02しかし、結局そんな真也を手なづけてしまうんですね、竜はcoldsweats01竜の前では素直になる真也。だんだん可愛くなってきましたよhappy01
義人も真也と、家柄に苦悩していました。
竜は、義人も真也もほっとけなくなるほど優しくて、好感のもてるキャラでしたね。
最後に竜は義人、真也のどちらを選ぶのか・・・気になる方はぜひ!聞いてみてくださいwink(意地悪だなぁ〜)
ただ、ちょっと残念だったのは、竜の恋心が変わるのがあっけないような気がしました。そして、選ばれなかった方も、あっけなく竜を諦めたなぁ〜と。

羽多野君の竜役は、とても印象良く聞けました。竜の人柄の良さとかが、よく伝わりましたhappy01
鳥海さんの憂いある義人は、なんかぴったり。
たっつんの真也は、かなりエロ〜heart04真っ直ぐな真也の必死さがよく伝わってきました。

|

« ラブネコ | トップページ | ふと・・振り返ってみた »

BLCD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラブネコ | トップページ | ふと・・振り返ってみた »