« いつ、読めるんだろsweat02 | トップページ | 三百年の恋の果て 1 »

2009年6月28日 (日)

calling

「calling」
大槻 ミゥ 原作

比奈村 一明:梶 裕貴
荒谷 煌:羽多野 渉

冴えないサラリーマンの比奈村は帰宅途中に通った公園で、AV撮影中の男優・荒谷と目が合ってしまう。
気まずくなった比奈村はその場を逃げるが、翌日、公園の前で荒谷に待ち伏せされていた。
その上、一目惚れしたと言われ、困惑するばかりの比奈村だったが・・・。

予約してたのが、今日届きましたnote
一明は自分に自信がなく、物事をはっきり言えない、気弱くんに対して、煌は軽いよーでいて、一途で、素直な気持ちを一明に向けます。押せ押せで強引なとこもありますが、一明との小さな進展に子供のように喜ぶ様が可愛いですねhappy01まあ、いっとき飛び越えすぎて、強引にことをすすめようとしちゃったりcoldsweats01しますが、きちんと一明に気を使ってるあたり、かなり好感もてました。
煌は、一明に好き好きオーラ放出しまくりですが、うじっ子な一明は、煌へ対する気持ちに、うじうじと悩んだり、二人の関係はゆっくりとした進展です。みこととしては、こういう展開の感じ好きですねhappy01
ただ、やっぱり煌のお仕事(AV男優)がネックになってきます。お互い複雑な心境ですよねsweat02仕事理解しつつも、嫉妬心が沸き上がるのも当然でしょう。

梶くんは、相変わらずか〜わ〜い〜いheart04一明の気弱さとかがよく表現されてます。梶くんエロカワだよlovely
羽多野くんの、煌のような軽いキャラは、みことあまり聞いたことないので新鮮、新鮮heart01AVシーンの羽多野くんに赤面です。一明とのエッチシーンよりも(笑)
最後、羽多野くん・・・短いコメントでぶっちゃけた(笑)

|

« いつ、読めるんだろsweat02 | トップページ | 三百年の恋の果て 1 »

BLCD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつ、読めるんだろsweat02 | トップページ | 三百年の恋の果て 1 »