« 三百年の恋の果て 1 | トップページ | 苦しまぎれ »

2009年7月 1日 (水)

三百年の恋の果て2

次は、祥真×緋耀のお話。
ふざけたことや、軽いことばかり言う祥真ですが、本当は優しく、人のいい奴でした。それをなかなか見せないんですが。
緋耀は忠実に祥真につかえる、貞淑な美人さん(鷹だけど)
神社の神主である祥真。一族の中でも特殊な力をもつ祥真によって、緋耀が生まれました。
もともと鷹でしかなかった緋耀でしたが、一族に特異な目で見られる祥真への思いが強くなり、人型へと姿を変えられるようになりました。愛の力か、やっぱりhappy02heart04
緋耀の存在が、祥真にとってどれだけ大切で大きなものになっているか・・・緋耀の祥真への想い・・・それがとても伝わってきますconfident
切なく、愛しく・・・緋耀の純愛というのでしょうか。はたから見ればすでに両想いなような気がしますが・・・。祥真には祥真の思うところがあるわけで、なかなかうまくそうはいかないんですよ。
祥真が作り出した、緋耀。その緋耀の想いは、もしかしたら錯覚なのでは・・・と思う祥真。
緋耀は、どうすれば自分の想いが伝わるのか・・・そのために無謀なことしてしまいます。
ちゃんと、この二人もハッピーエンドですよhappy01やっぱそうでなきゃ!

つかみどころのない祥真の三木さんが素敵ですhappy01安心して聞けますねnote
やっぱ貞淑な美人さん役は、平川さんに似合いますねheart04

|

« 三百年の恋の果て 1 | トップページ | 苦しまぎれ »

BLCD」カテゴリの記事

コメント

2話ともほっこり温かい気持ちになる作品でしたねconfident
切ない気持ちを表現するみなさんのお声にぐっと引き込まれましたっcrying

投稿: あずき | 2009年7月 2日 (木) 21時59分

紺や緋耀の、一途でまっすぐな想いに、涙が出ましたweepでも、ラストではあったかい気持ちになります。
完全に声優買いでしたが、当たりひいた気分ですhappy01

投稿: みこと | 2009年7月 2日 (木) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三百年の恋の果て 1 | トップページ | 苦しまぎれ »