« Turn of my life | トップページ | 愛しいこと »

2009年8月 7日 (金)

美しいこと

「美しいこと」
木原 音瀬 原作

松岡 洋介:鈴木 達央
寛末 基文:杉田 智和
福田 健史:岸尾 だいすけ

松岡は週に一度、美しく女装して出かけることを楽しんでいた。ある日、女の姿でナンパされ散々な目に遭った松岡は同じ会社で働く寛末に助けられる。
女と誤解されたまま寛末と会ううち、松岡の心は次第に変化していって・・・。
いいです!もう、しょっぱなからぐいぐいと物語に惹き付けられましたhappy02
女性として寛末と会う松岡。このままではダメだと思いつつも、寛末へと惹かれる松岡。松岡の心の葛藤が切なくて、思わずうるっweep
寛末は、不器用だけれど真面目で優しい人柄ですが、恋愛には奥手。けれど、驚くほど積極的な行動をとったり・・・女装した松岡へまっすぐなな思いをぶつけてくる感じが、また切なくてweep女装した松岡の存在で、寛末にも変化が出てきます。
しかし、やっぱバレる時はくるわけなんですweepその後の二人の関係は・・・まあ、ぎくしゃくするんですけどねbearing寛末への恋心を自覚した松岡。とにもかくにも必死な松岡・・・けれど、寛末は女装した松岡である「エトウヨウコ」しか見てくれず。また、そんなとこが切なくて、胸がきゅ〜と締め付けられそうでした。今までになく感情移入してしまいました。

ゆっくりと時間をかけて表現される二人の気持ち。エロ度はかなり低いですが、物語としてはかなりいいんですhappy02ほんと買ってよかったと心底思える作品でした。
ただ、「美しいこと」だけでは、ラストは消化不良ぎみsweat02やはり続編の「愛しいこと」を聞いて、完結なんでしょう。原作では、前後編あるらしーのですが、前編を二枚組でとても丁寧に作っているそうです。原作の後編にあたる「愛しいこと」は寛末サイドのお話なので、これから聞きますnoteかなり、楽しみcatfacenote

|

« Turn of my life | トップページ | 愛しいこと »

BLCD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Turn of my life | トップページ | 愛しいこと »