« おさぼりぎみだったよ | トップページ | おひさ〜catfacepaper »

2009年9月15日 (火)

ラッキードッグ1

「ラッキードッグ1 SUMMER CHANCE」
Tennenouji 原作


ジャン:タダノ ドウテイ
ジュリオ:蒼井 夕真
ルキーノ:四季路
イヴァン:平井 達矢
ベルナルド:浅野 要二

ジュリオ編
CR:5のカポとして、列車でシカゴへ交渉に行くこととなったジャン。密室移動のため、刺客を過敏に警戒するジャンとは裏腹に、護衛のジュリオは何かを隠しているような怪しい行動を繰り返し・・・?

ルキーノ編
CR:5の二代目襲名を終わらせたジャンは、リニューアルオープンしたデイバン競馬場に観覧に訪れるも馬券が外れまくり。『ラッキードッグ』としての不安を感じていた。
慰められても浮上できないジャンを見て、ルキーノはある場所にジャンを連れていくが・・・。

久々のCD感想ですhappy01いつぶりってくらい・・・ほんとsweat02
さて、今回の「ラッキードッグ1」はパソゲーからのCDドラマらしーです。
みこと、やったことありませ〜〜んcoldsweats01完全、声優買い・・・・ほら、あの方々たちですよsmile聞けば、いっぱつで分かりますから(笑)

ジャンは「ラッキードッグ」と呼ばれるほど運のいい男。そのジャンがマフィアのボスを襲名後の各キャラとのCPでのお話(かなsweat02)

ジュリオとのお話を聞いていて、最初ジュリオが受け?と思うほど、はかなげでオドオドした感じでした。感じから想像できないほど、過激なキャラ。ジャンは軽く勝気かと思ったんですが、まあ、エッチの時がむちゃくちゃ可愛かったりします。そんなジャンに、ジュリオのメロメロ感が伝わってきて、よかったです。
ルキーノのお話では、「ラッキードッグ」の実力が出せず、落ち込み弱気になっているジャンを、ルキーノが明るく優しく支えてあげるという感じでした。二人の思い出の場所をめぐって、ジャンが少々乙女はいってたのがツボだったし(笑)
そして、おまけの「男たちの空騒ぎ」。設定がジャンの宣伝の収録終わり。イヴァンが「素人童貞」とみんなに馬鹿にされ、いじられる感じに笑いがたえませんでしたhappy02note
童貞をめぐって、ジュリオともめたり(笑)

ゲームしらないんですが、少々興味わきましたねwink10月にAUTUMN CHANCEが出るので予約してますsmile本命がこっちなんで、楽しみ〜happy02

|

« おさぼりぎみだったよ | トップページ | おひさ〜catfacepaper »

BLCD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おさぼりぎみだったよ | トップページ | おひさ〜catfacepaper »