« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月25日 (木)

お宝shine追加16

久々、お宝追加。

☆:特典

・恋を知る日☆
(間島淳司×野島健児)

・ちんつぶ1〜3
(置鮎×宮田,遊佐×櫻井)
・夢を見るヒマもない
(前野智昭×吉野裕行)

・ひと目会ったら恋に花
(羽多野渉×千葉進歩)

・おわりなき夜の果て☆
(小西克幸×野島健児)

・有栖川家の花嫁
(子安武人×武内健)

・BROTHER〜ブラザー〜
(緑川光×鳥海浩輔)

・美しい男
(大塚明夫×石田彰)

・銀の鎮魂歌
(森川智之×石田彰)

・恋は思案のほか
(前野智昭×鈴木逹央)

・ロマンスの黙秘権☆
(川原慶久×近藤隆)

・花町物語 第二巻
朱璃・相馬和泉篇
・花町物語 夢一夜
・花町物語 通販特典
・花町物語 予約特典 プロローグCD

・優しくて棘がある
DANGER〜愛はすべて奪い合う〜☆
(櫻井孝宏×鈴村健一)
・優しくて棘がある 眠れぬ夜の純情☆
(鈴村健一×櫻井孝宏)

・BL探偵外篇2
KIMUTATSU YOU CAN DO IT!
(鈴木逹央,中村悠一)

・隣りの☆
(近藤隆×水島大宙)

・虜にさせるキスをしよう
・虜にさせるキスをしよう2
(諏訪部順一×鈴村健一)

・恋する運命なのだから特典

・美しいこと 特典

・捨て猫のカルテ☆
(近藤隆×武内健)

・ほんと野獣3☆
(中村悠一×柿原徹也)

・男の子だもの!☆
(前野×下野,吉野×鈴木,佐藤×下和田)

・愛なら売るほど☆
(杉田智和×立花慎之介)

・奪われることまるごと全部
(鳥海浩輔×鈴木逹央)

・きみが恋に溺れる3☆
(高橋広樹×遊佐浩二)

●COLDシリーズ
・COLD SLEEP
・COLD LIGHT
・COLD FEVER
・COLD FEVER 四季
(羽多野渉×野島裕史)

・アニメイト配布CD
ストームラバー警報
(羽多野渉,三浦祥朗)

・ぽにきゅんラジオ「今ここで暴露します」〜イベントの街江東区からこんにちは〜

・モモッとトーク 小野大輔盤
・モモッとトーク 谷山紀章盤

・官能昔話6

・Cyber Phaseラジオ
Phase58 act1,2
(パ:平川大輔,ゲ:鈴村健一)

・Cyber Phaseラジオ
Phase43 act1,2
(パ:中村悠一,ゲ:平川大輔)

・Cyber Phaseラジオ
Phase5 act1,2
(パ:神谷浩史,ゲ:平川大輔)

DVD
・黒執事イベント
・黒執事 赤いヴァレンタイン
・VitaminZ 大阪 初夏の陣

| | コメント (0)

吸血鬼には向いてる職業

吸血鬼には向いてる職業
「吸血鬼には向いてる職業」
榎田 尤利 原作

野迫川 藍:平川 大輔
黒田 瑞祥:黒田 崇矢
ケイト:武内 健
薔薇原 トヲル:てらそま まさき

幼い頃から「マンガは友達」な筋金入りのオタクの野迫川藍。
念願が叶いマンガ編集部の配属となった早々、問題ありまくりね漫画家・黒田瑞祥の担当をすることに。超遅筆なうえに、性格がねじ曲がってるのはまだしも、「マンガを描くのはヒマつぶし」と言い切る瑞祥に、藍は内心怒り狂うが・・・。

むふふふ〜catfaceなんて楽しいお話でしょうhappy02
原作は未読だったんですが、平川さんに、そのお相手黒田さんとなれば、完全にキャスト買いでした。榎田さんが原作なんで安心して聴けましたよ。
平川さん=野迫川がなんだかかわいくてheart04ピッタリなんですよcatfaceなんかちょっぴりズレてる感がいいんですよね。
そして黒田さんは、すっかりみことの中では、やーさんイメージ定着だったんですが、マンガ家ってsmileなんかこのギャップがよくて。柔らかい低音でした。
武内さんとのトーン指定のやり取りに(*≧m≦*)ププッ

野迫川と瑞祥の言葉のやり取りが楽しんですよnote
しかも、瑞祥が吸血鬼ということを、あっさり受け入れる野迫川。
で、この2人にちゃちゃを入れてくる薔薇原。
ラブコメ万歳\(^o^)/
はぁ〜もっかい聴こ。
エッチは軽いんですが・・平川さんってば、その時になると妙に色気を醸し出すんですよ。黒田さんも男の色気放出。軽いはずなのに・・・さすがだわcatface

そして・・・武内さんの「にゃん語」が・・・・ツボ入ったheart04か〜わ〜い〜い〜heart04heart04heart04heart04heart04heart04
平川さんとの「にゃん」が、ダブルパンチpunchで、寝れなくなりましたcoldsweats01

もっかい書きます・・・ラブコメ万歳\(^o^)/

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

デコイ囮鳥・迷鳥

デコイ囮鳥・迷鳥
「デコイ 囮鳥・迷鳥」
英田 サキ 原作

安見 亨:近藤 隆
火野 一左:子安 武人
那岐 顕司:鳥海 浩輔
加賀谷 功:三宅 健太

「あんたにとって、俺はなんなんだ?」

銃を手に意識を取り戻したとき、安見はそれまでの記憶を失っていた。自分に怯える安見に、優しいけれど得体の知れない闇を感じさせる男。火野の庇護を受け、徐々に溺れていく安見。
一方で、高仁会前会長の殺人事件をめぐり、那岐と加賀谷が動きだす。


2作品、計4枚の大作です。先が早く聴きたくて仕事しながら、1日かけて聴いてしまいました(笑)
エスシリーズのキャラにシンクロしてますが、これはこのシリーズで十分楽しめます。
シリアスで重い作品です。冒頭から、なにやらミステリアスで、えっ!何なに?って感じで、引き込まれてしまいました。
安見の失った記憶探しと、火野は自分にとって一体どんな存在だったのか?そして、火野の正体とは?それが、徐々に明らかになっていくのですが・・切なく、悲しかったweep2人の間に愛が生まれたとは思うのですが・・・共犯者という言葉が頭に浮かんでしまいました。
もう、一方の那岐と加賀谷ですが、ある殺人事件を調べるうちに、安見と火野にたどりつきます。
そこに浮上してくる、火野との関係・・・そして、那岐の抱える罪。
那岐を一途に思い、支え続ける加賀谷。
複雑に絡み合った糸が、一本、また一本とかれていき、見えてくる真実・・・ドキドキ、ハラハラ。そして、涙weepしてしまいました。
キャストの演技がまたよくて、安心して感情移入できましたhappy01

ハッピーエンドを望む方には、オススメはできないですが、内容はとても秀逸です。
むしろ、下手にハッピーエンドになっていたら、逆にせっかくのお話が萎えてしまいますねdespairむしろ、このラストでよかったと思いました。気になる方は、ぜひ、ご自分の耳で聴いてみてくださいhappy01

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »