« 愛なら売るほど | トップページ | 吸血鬼には向いてる職業 »

2010年11月11日 (木)

デコイ囮鳥・迷鳥

デコイ囮鳥・迷鳥
「デコイ 囮鳥・迷鳥」
英田 サキ 原作

安見 亨:近藤 隆
火野 一左:子安 武人
那岐 顕司:鳥海 浩輔
加賀谷 功:三宅 健太

「あんたにとって、俺はなんなんだ?」

銃を手に意識を取り戻したとき、安見はそれまでの記憶を失っていた。自分に怯える安見に、優しいけれど得体の知れない闇を感じさせる男。火野の庇護を受け、徐々に溺れていく安見。
一方で、高仁会前会長の殺人事件をめぐり、那岐と加賀谷が動きだす。


2作品、計4枚の大作です。先が早く聴きたくて仕事しながら、1日かけて聴いてしまいました(笑)
エスシリーズのキャラにシンクロしてますが、これはこのシリーズで十分楽しめます。
シリアスで重い作品です。冒頭から、なにやらミステリアスで、えっ!何なに?って感じで、引き込まれてしまいました。
安見の失った記憶探しと、火野は自分にとって一体どんな存在だったのか?そして、火野の正体とは?それが、徐々に明らかになっていくのですが・・切なく、悲しかったweep2人の間に愛が生まれたとは思うのですが・・・共犯者という言葉が頭に浮かんでしまいました。
もう、一方の那岐と加賀谷ですが、ある殺人事件を調べるうちに、安見と火野にたどりつきます。
そこに浮上してくる、火野との関係・・・そして、那岐の抱える罪。
那岐を一途に思い、支え続ける加賀谷。
複雑に絡み合った糸が、一本、また一本とかれていき、見えてくる真実・・・ドキドキ、ハラハラ。そして、涙weepしてしまいました。
キャストの演技がまたよくて、安心して感情移入できましたhappy01

ハッピーエンドを望む方には、オススメはできないですが、内容はとても秀逸です。
むしろ、下手にハッピーエンドになっていたら、逆にせっかくのお話が萎えてしまいますねdespairむしろ、このラストでよかったと思いました。気になる方は、ぜひ、ご自分の耳で聴いてみてくださいhappy01

|

« 愛なら売るほど | トップページ | 吸血鬼には向いてる職業 »

BLCD」カテゴリの記事

コメント

この作品、手元にあってもなかなか聞けずにいて。。けれど、聴き始めたら止まらなくて
寝しなに聴き始めてしまった私は、明日仕事なのにーって・・それでも2枚はしっかり聴いて寝ました。。
近藤さん・・この作品が一番いいなぁ
子安さんはもぉーこんな子安さんは最近ないよねーほんと
いい味です~また聴きたいです。。

投稿: 美夜子 | 2010年11月24日 (水) 20時09分

聴くまでになかなか腰をあげられなかったけど、聴きはじめたらとまらなくなりましたよhappy02すっごく複雑に絡みあった話だったんですが、すべて解けたときの面白さと、切ないラストでしたが、あれでよかったと思いますよ。この勢いでエスシリーズ聴き終わりました。

投稿: みこと | 2010年11月25日 (木) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛なら売るほど | トップページ | 吸血鬼には向いてる職業 »